岡崎公園 かわら版ブログ

岡崎公園にまつわるあれやこれや、田楽屋かめ吉&おかみさんの綴るかわら版ブログ、どうぞごゆるりとお楽しみください。
このブログは旧ホームページのコンテンツとなり、現在更新しておりません。
悪しからずご了承下さい


岡崎公園の野鳥たちです  天文470年(2012年) 12月 21日

>>記事を表示



師走 12月 年末 大晦日.....あぁっ2012年もあと僅か...何かと話題の12月21日も 無事過ぎようとしています
本日 野鳥をこよなく愛する 久米さんから 今月 岡崎公園に舞い降りた 野鳥達の写真をご提供して頂きました
 シジュウカラ  ジョウビタキ ハクセキレイ モズ ヤマガラ そして ネコ? いえ 岡崎公園は本当に沢山の自然と歴史が共存しています バードウォッチングは とても奥が深いようです   さて次にやって来るのは......

久米さん お写真本当にありがとうございました   



☆ふたご座流星群と伊賀八幡宮☆  天文470年(2012年) 12月 14日

>>記事を表示

昨夜はふたご座流星群を堪能されましたか?
新月で雲も無く、天体観察には絶好の条件でしたね。
私たちもカメラと三脚を抱え、「伊賀八幡宮」で午後10時から約2時間東の夜空の天体ショ-を楽しみました。
 
実は真の目的は「伊賀八幡宮」上、真北にある北極星と周りの星座を写真に収めることでした。
しかし、やはりこの日の主役は、流れ星たち☆☆☆数個jの流れ星を目撃しながら
「岡﨑を愛する皆さんが、幸せになりますように」
そんな願いを込めながら、深夜の「伊賀八幡宮」で神秘的な2時間を過ごしました\(^_^)/


第49回 おかざき塾 歴史教室のお知らせ
「明治維新とは何であったのか」~戊辰戦争と会津若松藩の悲劇~
12月16日(日)午後2時~4時30分 
中町長誉館にて 参加費 1500円(おやつ・資料代)

当日は総選挙の投票日ですが、幕末から明治を学んでから、選挙に行きましょう!



☆第48回 おかざき塾歴史教室☆  天文470年(2012年) 12月 11日

>>記事を表示

12月になり、気忙しい季節となりました。
岡﨑公園の紅葉もピ-クは過ぎましたが、想像力を膨らませれば、まだまだ楽しめます!

10月の歴史教室のテ-マは、「本能寺」は何を残したか~等持院・家康公木像が語るもの~
通説本能寺の変から始まり、家康公を愛して止まない市橋章男先生流「本能寺の変」!
あっという間の2時間半でした。

今回の登場人物は、King of Japanを目指していた信長・勤皇家の光秀・
信長に譲位を強要されていた正親町天皇・本能寺の隣に住まいがあった茶屋四郎次郎・
信長の親衛隊長谷川秀一・武田氏の家臣穴山梅雪などなど有名人ばかり

「本能寺の変」の真実は、1974年話題になった「本城惣右衛門覚書」で謎が少し解けました。
本当は、光秀は信長から家康公を殺害するように命令されていたが、
正親町天皇に譲位を迫っていた信長が、勤皇家の光秀には許せなかった・・・これが最大の原因だろう

「本能寺の変」講義後、現場検証に出掛けたくなるのが、市橋先生流。
そこで1ヶ月後、岡﨑人としては、京都・等持院へ!

等持院は後醍醐天皇が創立、足利氏の菩提寺でもあります。
広大な等持院の敷地内には、立命館大学の校舎がありました。
霊光殿には、室町幕府歴代将軍の木像に混じり、42歳の家康公木像が安置されています。
家康公の木像は、もともと石清水八幡宮に奉納されたものですが、
明治維新後、神仏混合の禁止により、等持院に安置されました。

家康公が42歳の時に、本能寺の変が起きています。
この木像に対面すると、本能寺の変後の苦悩が、感じられ得るようです。
 
ちなみに、等持院は観光地化されていませんので、ゆっくりと過ごすことができます。
夢窓疎石が作庭した庭園は、何時間眺めていても飽きない風景です。
京都方面に、旅行に出掛けられる方は、是非とも、家康公木像に、お会いになってみて下さい!
家康公木像を通して、「本能寺の変」直後の決意を知ることができるかも。

次回の歴史教室のテ-マは「明治維新とは何であったのか?」



powered by officeNOR