岡崎公園 かわら版ブログ

岡崎公園にまつわるあれやこれや、田楽屋かめ吉&おかみさんの綴るかわら版ブログ、どうぞごゆるりとお楽しみください。
このブログは旧ホームページのコンテンツとなり、現在更新しておりません。
悪しからずご了承下さい


精神集中の秋・・・「弓道」のすすめ  天文469年(2011年) 9月 28日

>>記事を表示



本日 水曜日 「いちかわ」は定休日です
そんなわけで 午後から かめ吉おかみは 撮影のお仕事に出掛けました

出掛けた先は 岡崎市中央総合公園 弓道場~

岡﨑市民なのに 弓道場に足を踏み入れるのは 今日が初めて!
建物の中に 緊張感が漂い 私たち2人の日常に一番欠けてるものを感じました(笑)

かめ吉の被写体さんが少々遅れ気味だったので 先にいらして弓を引いてる袴姿のお二人を観察!
年配の方てしたが しづしづとした動作・構えから 的への集中!!!す・すごいです!
見てるだけでも 心が洗われました

そんなこんなで 暫くすると かめ吉の被写体さん登場!!!
弓道経験者 初心者さまざまでしたが 撮影が始まると やはり被写体プロたちの集中力は素晴らしい!

すぐに的にあたりはしないけど 動きのひとつひとつを習得するのが 早いです
みるみる顔から汗が噴き出ても 何度も何度も 弓を引き続けます・・・そして残心(ざんしん)~~~
弓が放たれたときに 左手首に擦れてしまい 痛々しくなってしまったり・・・

被写体の皆さん同様 かめ吉も この上もなく非日常的に精神集中して 
シャッターを切り続けました

あっという間の2時間 力強く 魅力的で 邪念のない映像が カメラに納まりました!

ここでは 弓道場にてレフ板持ちとスナップ写真担当 おかみの作品を 御紹介しま~す

今日のかめ吉撮影作品をご覧になりたい方は ぜひ「いちかわ」へお越し下さい  
お待ちしております!
  



芸術の秋・伝統芸を伝承するということ・・・  天文469年(2011年) 9月 28日

>>記事を表示


今朝のTVのエンターテーメントニュースで 実力派俳優 香川照之さんが
45歳で初めて歌舞伎の舞台に立つとのこと・・・すご~い!すご~い!

実はおかみは たいそうな歌舞伎好き 特にご贔屓なのは「市川亀治郎」 
亀治郎と香川照之はいとこ同士!このニュースが気にならない訳がありません!!!

香川照之45歳・・・映画 テレビ俳優として脂が乗りきっている年頃で 
市川猿之助を父に持ちサラブレッドの血筋とはいえ 
出雲の阿国から400年以上続く伝統芸能の世界に挑戦する45歳の新人誕生!!
彼は幼い時 両親が離婚し 歌舞伎界と縁が途絶えていたから 今回の決断はほんとに大変なことです

これからはもう一つの名「九代目市川中車(ちゅうしゃ)」を襲名され 
彼の7歳の息子さんも「市川団子」として 歌舞伎の道へ・・・

同時に父・市川猿之助が「二代目市川猿翁(えんおう)」へ 
市川亀治郎が「四代目市川猿之助」を襲名するとの事

「澤瀉屋~」 おもだかやが更に 華やかに賑やかになるのが楽しみです!

プチ情報・・・10月1日(土)~25日(火)名古屋伏見 御園座にて 「第47回吉例顔見世」 始まります!
芸術の秋 老いも若きも 日本が世界に誇る生の伝統芸能歌舞伎に触れてみては いかがですか?
        



☆「本多平八郎忠勝検定? いちかわの巻」の答え合わせ☆  天文469年(2011年) 9月 25日

>>記事を表示


今日は 「第2回岡崎家康公検定」が行われました 

先日のちょいチャレ「本多平八郎忠勝検定? いちかわの巻」
の解答と思われる答えをご紹介します

第1問・・・桶狭間の合戦での大高城へ兵糧入れ
第2問・・・長沢の戦い(鳥屋ヶ根城)
第3問・・・蜻蛉斬り
第4問・・・真田信之
第5問・・・小杉左近
第6問・・・伊賀八幡宮
第7問・・・約2万
第8問・・・堀川城攻め(浜松)の後
      その戦いの時 村人の激しい抵抗に合い ほぼ村人全員の命を奪ってしまったから その戒めの為
第9問・・・右離れたち葵
第10問・・桑名

「岡崎家康公検定」を通して岡崎の歴史を深く学び 先人の苦労の上に今の岡崎があることを
感謝し 敬意を表したいですね!

歴男・歴女の皆様!お疲れ様でした!!!
 



☆本多平八郎忠勝検定?いちかわの巻☆  天文469年(2011年) 9月 23日

>>記事を表示


いよいよ今月25日(日)は 第2回 「岡崎家康公検定」 ですね
受験される皆さん!準備は進んでいますか?
100問出題(四者択一式) 70問以上正解で合格です!!!

第2回 検定テーマは・・・「 家康公と三河武士たち ~徳川四天王を中心に~ 」
検定日まで残すところあと2日 ってことで・・・
 
徳川四天王のひとりをピックアップして 検定のシュミレーションしてみました~

☆ 「本多平八郎忠勝検定 いちかわの巻」 回答は記述式 ☆
第1問 忠勝の初陣は?
第2問 忠勝が初めて敵の首を取り 手柄をあげた戦いは?
第3問 忠勝自慢の長槍の名前は? 
第4問 忠勝の側室乙女(おとめ)との間に生まれた長女小松姫は 後に誰の正室になった?
第5問 「三方ヶ原の戦い」の前哨戦 一言坂の戦いは実質 徳川側忠勝と武田側の誰との戦いか?
第6問 忠勝の鹿角脇立兜を制作した神社は?
第7問 小牧・長久手の戦いで 忠勝は500余りの兵を率いて秀吉軍本陣を威嚇したが 
     その時秀吉軍の兵の数は?
第8問 忠勝は甲冑の肩から大数珠を付けているが、どの戦いの後から付けるようになったか?
     その大数珠を付ける理由は?
第9問 忠勝の紋は?
第10問 忠勝が晩年 整備した城下町は?

腕試しにちょいチャレしてみて下さいね!



☆おかざきのむかしばなし☆  天文469年(2011年) 9月 19日

>>記事を表示


~ 岡崎の昔話  「霧降山(きりふりやま)の龍」 のお話を紹介します ~

むかーしむかーし おおむかしのこと 
今の岡崎公園のあたり(康生町)は 霧降山(きりふりやま)とよばれていました
古い松や太い杉の木がこんもりと生えて 昼でも薄暗く いつも霧がかかっていました

ある秋のこと 菅生川の水が澄んで 川底までみえます 
川面が波立ってきたかと思うと  なにか黒くて大きいものが・・・

ゴボ ゴボ ゴボッ
いきなり顔を出したのは なんと龍です
らんらんと光る目であたりを にらみつけます
「龍だぁ!龍が出たぁ!!!」
村人はびっくりして腰を抜かし 震えるばかりでした 
実はこの龍は霧降山の井戸の中に住んでいて ときどき菅生川へ水浴びにきていたのです

それから何年か経ちました 西郷つぐよりという地元を治めていた人が
この山にお城を建てようとしました 村人は龍がいるからと 反対しましたが 
つぐよりはそのことを信用せず山を削り 工事を始めました
そして そこの井戸も埋めようとした時です
今まで晴れていた空が にわかにかき曇り 大雨が降り出しました
泥水があふれ 岩が崩れ たくさんの人がけがをし
つぐよりも原因不明の病気で 寝込んでしまいました

ある晩 つぐよりの夢枕に若い女の人が出てきて 告げました
「わたしは古い井戸に住む龍です お城を無事につくりたかったら わたしを お祀りしなさい」

埋めかけていた井戸を掘り返し そこにお宮を祀りました
すると つぐよりの病気も けろっと治り工事もぐんぐん進み 立派にお城が出来上がりました
出来上がったお祝いの日に紅白の幕を張り 賑やかに歌を歌ったり踊ったり・・・
その時 井戸の水が噴水のように噴き出し 龍が姿をあらわしました
龍がうれしそうに空に舞上がっていく様子を見た村人は
「龍がお祝いに来てくれた」と大喜びしました
龍は雲に乗ってお城の上をゆうゆうとひとまわりすると 井戸の中に消えて行きました

それから敵がこのお城を攻めようとすると いつも大雨になって霧がかかったそうです
村人たちは龍がお城を守ってくれると 安心して毎日を暮らしたとさ・・・おしまい
(参考資料 おかざきのむかしばなし 1973年 岡崎市教育委員会発行)

~ おまけのお話~
岡崎城築城は1452年 取り壊しは1873年  ちなみに
1959年復興された岡崎城の総工費 5700万円だそうです・・・へえぇぇぇぇぇ・・・



三河地震のお話  天文469年(2011年) 9月 14日

>>記事を表示



「いちかわ」は かめ吉 おかみで 3代目!
2代目は 平和でおっとりとした隠居な毎日を 送ってます
今日は その2代目旧おかみ78歳が 12歳の時に経験した事を 少しだけ お話しします 

2代目おかみは 西尾市福地町出身
実はこの町は 66年前におきた三河地震の「横須賀断層」「深溝断層」上にあり 甚大な被害を受けました

三河地震は 1944年12月7日と1945年1月13日 2回にわたりおきました
当時は太平洋戦争中 みんなが国の為に我慢して 何もかもが不足していた時代でした
1回目の地震の時 人手と材料があれば 傾いで壊れかけた家を補修することが できたのですが
戦争中 情報規制があり 何も分からず 町には 女 老人 子どもしかいませんので 修理はままなりません

そんななか 1ヶ月後 さらに 大規模な地震が 発生!
町中が 壊滅状態! 戦時下だったので アメリカ軍の仕業かと 誤解した人もいたくらいでした
国の助けは来てくれません 生き残った人たちで 被害にあった家やがれきをこつこつと片付け
犠牲になった家族 友人を近所の河原で弔い 町中の人々が生き地獄を 経験したそうです

そしてその年1945年 8月15日 終戦の日
12歳の旧おかみは 小さいながら これで何かが変わると 感じたそうです

戦争 地震 終戦 こんな時代に発生した三河地震
この地震の本当の被害人数 被害規模は いまだによく分かっていません

そして そんな過去の地震の爪痕が残っている断層が 実際に見られるところがあります
その一つ 蒲郡市宗徳寺裏山に 市天然記念物として 保存されています 

今日 現地へ行ってみると 堆積物が 積もっていて 以前より少々分かりにくいですが 
間近で40メートルの地割れの一部を しっかりと見ることができます

今月11日で 東日本大震災から もう半年 でもまだ半年 
日本人として これからも 気を引き締め 自然災害と 向き合わなければ・・・

そんな気持ちになった1日でした!!!



☆天高く馬肥ゆる秋・・・  天文469年(2011年) 9月 9日

>>記事を表示



朝夕は秋の気配を感じる今日この頃・・・涼風に気持ちが和みます
岡崎公園も あぶらぜみ くまぜみから 「つくつくほうし」へバトンタッチ!
 
今月から11月末まで 「いちかわ」は「トコトコ東海道2011」
岡崎宿グルメ部門 「グルメスタンプラリー」にも参加しています!
「いちかわ」名物「八丁味噌かつ定食」でスタンプ2個ゲットしてくださいね☆

おなかが一杯になったところで 秋の柔らかな日差しの下 岡崎公園の散策はいかがですか?

家康館 岡崎城 他にも 岡崎公園全体が見所満載 知れば知るほど おもしろい!!!
重要な見所には 説明看板が 設置してありますが

「いちいち読んでられへんし~」 「興味のあるとこだけ行きたいし~」

そんなあなたにお勧めするのは 「ボイスペン♪」
公園内を散策するには必須アイテムです
公園地図上をボイスペンでタッチすると 聞き取りやすい女性の声で 音声案内をしてくれます
スピーカー使用なので 一台あれば家族じゅう楽しめますよ

岡崎城 家康館 にて無料で貸し出し中!(身分証明書の提示条件あり)

日本語 英語 中国語 ハングル語 4カ国語に対応できます

お問い合わせは 三河武士のやかた家康館まで ℡0564-24-2204 



☆「いちかわ」特製田楽味噌 マル秘な使い方☆  天文469年(2011年) 9月 5日

>>記事を表示


のろのろ台風12号!日本各地(特に紀伊半島)で大きな被害をもたらして 
やっとこさ日本海へ抜けていきました

おかげさまで 岡崎公園は おっきな被害もなく済みました でもでも・・・ 
・・・テレビ 新聞 などの被害報道を目にすると 我が事のように心が痛みます・・・

被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます

「いちかわ」も台風のため 週末お休みをいただきました ご迷惑をお掛けしました

お詫びに 「いちかわ」の特製田楽味噌のマル秘な使い方をご紹介します! 
 ◎ 納豆のたれとして・・・付属の醤油だれを入れず ティースプーン一杯!
                  発酵食品×発酵食品=臭みを消す?
 ◎ 焼きうどんの味付けに・・・汁なし味噌煮込みうどんのイメージで???
 ◎ トーストのトッピングにチーズと田楽味噌・・・とろとろのチーズとあつあつの田楽味噌
                                五平餅っぽいトーストがなかなかいけます
                                この発酵コラボも旨い!!! 

このマニアックな使い方 「いちかわ」の元気なスタッフ内で流行ってます

「いちかわ」から 「堪忍の家康が愛した八丁味噌」 レシピで「元気×元気」のお裾分けです☆

一度お試しくださいませ!!!



powered by officeNOR